スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろ…入院編
2012年07月23日 (月) | 編集 |
最近起こったいろいろの中で1番大きな出来事。


ある日、職場で下腹がしくしく痛みまして…

なんかどんどん痛くなってきて…

そして激痛になり…


とうとう救急車で運ばれました~


陣痛かと思うほど痛かった!

横になっていられないし、過呼吸で手もしびれるし、腹も腰も痛くて痛くて汗だくでした。


痛みの正体は、8~9cmまで育ってしまった卵巣腫瘍(卵巣嚢胞)です。

腫れるだけなら痛くないのだけど、卵巣茎捻転といってそれが捻じれてしまったんですね~


病院に着いてからもなんだかんだあったのですが、結局その日の夜に手術となりました。

いや~手術に至るまでが長くて辛かったなぁ。

点滴3回も失敗されたのさえ、腹の痛みが紛れたから気にならなかった。(むしろ歓迎)


それだけに麻酔が入る瞬間のうれしかったことといったら。


取り出すべきものは大きかったけど中身は水だと予測できたので、お腹に穴をあける腹腔鏡下手術となりました。

おへそも含めて穴3つ。

お腹の中で水を抜かれた卵巣は、どれかの穴から引っ張り出されたようです。


今回の状態は、腫れて捻じれたものを切ったら終了、って感じで。

術後の痛みもあまりなく、日に日に元気になりました。


大変だったのは家族のほうですね。

ゴリさんはもちろん、『1号』『2号』もよく頑張ってくれました。

何より子供たちに心配させてしまいましたが、楽な病人だったのですぐに安心できたみたいです。


家族には申し訳なかったけど、1週間ゆっくり病院で過ごしました。

家に帰ってみると、汚家がマシになっていることもなく、台所がとってもヌルヌルしてたけど。

ま、それは仕方ない。


だけど、退院当日に買ってきたお惣菜をね(お惣菜だけどね)、何で私一人で準備してるんでしょう。

母が帰ってきた途端、解放されて動かなくなった男達。

もちろん言いましたよ、手伝え!!!って。

みんなにいっぱいありがとうは言ったけどね、退院早々鬼母ですわ…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。