スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
適応検査OK(^^)v
2009年11月25日 (水) | 編集 |
行ってきましたよ、レーシック適応検査ピース
『1号』と『2号』を連れて、ちょっとした旅行です電車

事前に調べて、じっくり選んだ2院を巡ってきました。

眼のことなので中途半端なことはしたくありません。
ド近眼を自覚しているので、金額よりも信頼、安全、そして機器の性能と技術を重視しました。

心配なのは角膜の厚み。
長年コンタクトだったので、「角膜が薄いですね」なんて言われるんじゃないかとちょっと心配。


まず1つ目のクリニック。

とってもキレイな院内。
受付の方も検査担当の方もとっても親切。

メガネの矯正視力は両眼とも0.7弱でした。
思ったより見えてましたシンプル眼鏡

裸眼視力は両眼とも0.04。
左右で視力に差があるはずなんだけど汗あせ

見えたといっても直感に近い世界だから、この数値はおおよそです。

検査は順調に進んで、いよいよ先生の診察です。
わぁ、HPで見たあの先生だ絵文字名を入力してください

そしてまもなく、まぁ大丈夫だろうとタカをくくっていた私に衝撃の言葉が発せられます・・・

「近視が強すぎるので、レーシックは無理ですね。」


ム、ムリがっくり

ええーっ、うそ、いや~んkao05


レーシックは眼の表面にフタ(フラップ)を作って、そのフラップをめくって角膜にレーザーを照射することにより視力を矯正、フラップを戻して完了、という手術です。

今のこのメガネよりも視力はでないでしょう、という話でした。
他の術式でも(全然)ダメだって。

片眼がね、-10を超える最強度近視でした。
そこまで悪かったのか、アタシエーン


・・・悲しい。
・・・悲しすぎる。

これまで不便な合わないメガネで耐えてきたのに涙



翌日、かすかな期待を抱いてもう1つのクリニックへ。

ここもキレイな院内。
前日と同じようにいろんな検査を次々と受けました。

レーシックじゃなかったら眼内レンズしかないんだろうか。
高いだろうな、時間かかるだろうな。

でもオイラより近視の強い人のレーシック体験談あったと思ったけど。
ここでもダメならどうしよう。
ブツブツブツ・・・

かすかな期待とあきらめの中待っていると、検査を担当してくれたスタッフさんがね、

「イントラレーシックならできそうですよ。」ってね、何ともステキな言葉をかけてくれたではありませんかきゃー

ホ、ホントデスカ・・・
いや~ん、うれしいハート

先生の診察でもそのように言われました。

本当は「アイレーシック」という、視力だけではなくて見え方の質も追求した術式(照射方法?)を希望したんだけど、これはやっぱり無理でした。

それでも、こちらのクリニックでは「イントラレーシック」が受けられます。

レーシックのデメリットとして光がぼやけて見えたりする場合もあるらしいのですが、検査の結果から、私の場合はそんなに影響は出ないだろうとのことでした。

いや~、よかった。
やります、やります。

しかも、角膜は強度近視のわりには厚みがあるようで、万が一近視の戻りが起こった場合でも十分再手術できる余裕があるんだって。

へぇ、角膜薄くないんだ。
それでも「アイレーシック」はダメなのね。
でもよかった。

さっそく手術日も決めてきました。

仕事の都合もあってもうちょっとメガネで過ごすけど、手術できることになって本当に良かった。

うれじぃjumee☆faceA192Ljumee☆faceA192R
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。