スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンゲル係数が・・・
2010年11月29日 (月) | 編集 |
子供たちの食べる量が目に見えて増えてきました
特に外食が大変です。

簡単にとラーメンを食べに行っても5千円超え。
焼肉だったら、豚肉&平日価格中心だったのに1万5千円超え。
家族全員で、ですけど、金額がぐーんとあがっちゃいました。

つい最近、病院においてあった冊子を見てから、和食に目覚めた私。
主にご飯と野菜です。
玄米はいろんな見解があるみたいなのでそこそこに考えてますが、食生活に関していろんな意味でショックを受けたのでした。

本当は肉食をやめたいぐらいですが。
今までもたくさん食べてきてたし、できることからこつこつと、ね。
とりあえず平日から、ヘルシーな和食を心がけるようにしてみました。
あ、ゆるゆるですよ、ズボラですから
それでも買い物の金額は少し減るんじゃないかな~って思ってます。

しかし昨日は、おでかけのついでに外食することになってしまった。
ヘルシーとは程遠いしお金もかかる~
せっかくの週末だし、風呂に入ったあと、初スシローということで決定しました。
それなのに、露天風呂までいいにおいがしてきたとかで、男どもはすっかり焼肉モードになっていたのでした

ご飯をたくさん食べるという条件で焼き肉に変更です。
なので、いきなりご飯大×5です。
肉はご飯と一緒に食べるべし。
石焼ビビンバや冷麺はノルマ達成後食べられる子だけ。

ご飯好きの1号は大喜び。
肉類のほかにご飯大を1.5杯食べたので、めでたく冷麺をご注文~
(さすがに冷麺は食べきれなかった)
ヤセ型なのにお腹がぽっこり出てて面白かった。

2号はご飯に苦戦してました。
最初は肉ばっかり取っていたけど、ご飯もがんばったので8割方で良しとしました。
大好きな石焼ビビンバを茶碗1杯弱食べたところで力つきました。

3号が食べるのには驚いた。
約束どおり肉と一緒にご飯大を完食、念願の石焼ビビンバに突入~
これも茶碗2杯ぐらい食べました。やるねぇ。

ゴリさんは1号と分け合ったご飯半分+2号の残り+肉いっぱい+サラダ。
さらにご飯大を一つ追加注文してました。
これにはびっくり。
でも、いつもと方針が違うことに気付いたのか、ビールという選択はなかった(できなかった!?)みたいです。

4号は、私のご飯をちょっと+お肉のみ。
すぐにふざけちゃって。やんちゃ盛りかしら。

私もご飯大9割方食べたんですよ。
あとはもやしのナムルとか海鮮系もたのみました。
肉も食べましたけど。

気になる代金は、1万2千円なり。
やっぱりこれだけいっちゃうのね
でもおいしかったし、みんなも満足したし、よかったよかった。
この店は店員さんもとっていいので大好きです。

また来ようね、たまには。
お金があったら、ね。
にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
大学病院に行ってきました。
2010年11月22日 (月) | 編集 |
近くの産婦人科医院から大学病院を紹介されました。
予約は翌々週でしたが、翌週(予約日の一週間前)留守電に、「○○大学病院ですが、予約日に受診されなかったので連絡ください。」というメッセージが入っていました。

なんでやねん。
予約日を書いた紙を確認したけど、ちゃんと来週(翌々週)になってる。

大学病院に電話すると、最初に出たおばちゃんに細かくあれこれ聞かれるし、やっと変わった産婦人科でまた説明したら「こちらでは先日予約となっていたので、では予約を取り直します。」ってな対応。
先生が間違えたんだと思うけど、一言「ごめんね」ぐらいあってもよかろうに。

そんなこともありましたが、行ってきました、大学病院に。
待合室の患者さんは少なかったので喜んだものの、順番がくるまでに3時間近くかかりました。
本を持っていっててよかったよ、ホント。
恐るべし、大学病院。

やっと自分の番号が表示されて診察室へ。
実習生(か見習い先生)がいて、内診も見られました。
ま、いいんですけどね、今更。
頭かくして下隠さず、というのが余計恥ずかしい気がします。内診室って。

ここでMRIを予約しました。
えっと、最短で来月です。
その後、結果が出た頃に再診察です。

次の受診日は何とか年内にはなりましたけど、「思ったより早くMRIできますよ」って言ってくれるほど決して早くないから。
頭痛くて別の総合病院へ行った時は、その日すぐにMRI撮ったけどなぁ。
頭だけに緊急扱いだったのかな。

というわけで、結果が分かるのはまだまだ先なのでした。
でも私は見てしまった、というか覗いた。カルテを。
病名について、○○の疑い、と書いてあるのを。

そこにあったのは、
子宮腺筋症と子宮内膜増殖症だった、確か。
(興味のある方は調べてみてね)

子宮腺筋症は違う気がする。
生理痛もほとんどないし、量だって多くないし。

子宮内膜増殖症ね、これはやっかいそうですぞ。
子宮内膜症じゃなくて、―増殖症ってのがね。
これにしても生理の量が多くなるみたいなんですけど。

自覚症状としては、子宮が腫れている(大きくなってる)ような気がします。
何となくだけど、子宮から卵巣まで違和感もあったりして。

子宮内膜増殖症だったら、そのタイプによっては子宮体がんに移行していく可能性が高いみたいです。
穏やかではありませんなぁ。

っていうか、どっちも卵巣と関係ないみたいですケド・・・
無関係ってこともないんですかね。

どんな結果がでるか全くわかりませんねぇ。
気になるといえば気になるけど、なんとかなるだろうと楽に考えてる自分もいます。
子宮摘出なんてことになったとしても、私の場合、子宮さんの役目は終わってますから。

案外なんともなかったりして。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ダラダラ出血続行中
2010年11月20日 (土) | 編集 |
まだ続いてます。
不正出血。

最初におかしいと思ったのは春だったか。
それからずっとおかしい。
しばらく止まることもあるけど、少量の出血の繰り返しです。

子宮頸がん検査の結果は、逆に良くなってた。(クラス3→2、多分)
子宮体がん検査の結果は、異常なしだけど、増殖期がどうとか書いてあった気がする。
春の段階で、です。

私が通っていたのは、産科としてとして人気がある病院です。
それまで通っていた婦人科は先生がいなくなったり廃業したりしてしまって。
新しいかかりつけ医としての期待も込めて、近くにある産婦人科に行ってみたのでした。

結局担当は大学病院からの応援の先生でした。
何が困るかというと、その先生の診察時間は週1回の数時間のみということなんです。
その時間に行けなかったら一週間後になってしまいます。

私は毎日診察されている先生がよかったな。
時々頭痛にも悩まされるし、東洋医学的な治療を少し期待したんですけどね。

検査、結果を待って受診、の間が長くって。
特に異常もないようだし、腫れてた卵巣もその後どうなったか言われないし、なんか受診してる意味もないような気がして自分からも遠ざかってしまいました。

それでも出血はすっきりしないし、前ほどじゃないけど頭もすっきりしないし、違う時間だったけど久々に同じ病院へ行ってみました。
いつもいる先生がいいと言ったはずなんですけど、またまた大学病院の先生でした。
お産も多いだろうし、院長先生は婦人科を担当しないのかもしれません。

内診ではまた片方の卵巣が4cm以上腫れていると言われました。
やっぱりまだ腫れてたんだ。そんなのを持ったままでよかったんだろうか、私。

何かの検査をして、血液検査もして、後日また結果を聞きに行くことになりました。
今までの検査と違うのかな。血液検査も1回してるんだけどな。
次回の受診日には必ず来てください、と言われちゃいました。

そして行きました、ちゃんと指定日に。(当たり前ですけど)
検査結果は悪いものではなかったとのこと。
それでも、MRIをとって詳しい検査をしたいので大きな病院を紹介します、という展開になってました。
ちょっとびっくり。

これからは担当の先生がいる大学病院に通うことになりました。
先生は、自分宛に紹介状を書いてくれました;
この治療の違いは何なんでしょうかね。
先生によって判断が違うのか、たまたまタイミング的にそうなったのか。

体に変調をきたしているのは間違いないので、こうやって治療が進むのはうれしいことです。
その先に何があるのかはとっても心配ですけど。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
親切なおじいちゃん
2010年11月07日 (日) | 編集 |
今日は子供たちを連れてお出かけしました。
ゴリさんは仕事だったので、大人は私だけ。

『4号』ちゃんは、普通の小便器で上手におしっこできます。
女性用のトイレが混んでいたのもあって、いつものように男性トイレに送り込んだのですが、「おトイレない~」と半泣きで出てきてしまいました。

便器がないってなんでだろう。
中までついていくわけにもいかず、手洗い場に迷い込んだのかとも思い、もう一度奥に行くように入口から指示してみましたがダメでした。
おしっこもれそうだし困った。

こうなったら仕方ない。
トイレに入ろうとする人に「便器のところまでこの子を・・・」と声をかけた時、私たちの様子を見ながら出て行ったおじいちゃんがさっと戻ってきて、「一緒にいこうね」と4号を中まで連れて行ってくれました。
心配してくれていたんですね。

便器の位置が高かったので、4号がよく分からなかったみたいです。
おしっこの時も抱きかかえてくれたそうですが、入口からも「ここで手を乾かすんだよ」と言いながら抱き上げてくれているところが見えました。

なんていい方なんでしょう。
表情にも人柄が出ていて、とってもステキなおじいさまでした。
本当にありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

追伸
そのころお兄ちゃんたちはというと、車の中で爆睡していたのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。